くらやみ横丁

宵町めめ公式Twitter

川底幻燈[3]この夜が明けるまで

      2015/08/31

あらすじ

川底の幻燈市の夜は更けてゆく。
最後の警笛が鳴り、夜の人達を乗せた黒い列車が出発してもなお、
墨田川ほとりは空のはずのラムネ瓶を大事に抱え、独り幻燈の町を彷徨っていた。
俯くほとりの前に、彼女と同じ碧く輝く瞳の女、宇里子が現れる。
「聞きたいことがあるの、お姉ちゃん」ほとりは静かに口を開いた。

異界に生きる者の定め。異界に触れた者の運命。様々な想いを飲み込みながら、東向島の夜は明ける……

第三話「この夜が明けるまで」収録、東東京系異界幻想漫画、第一部完結編。

 - 通販