川底幻燈

東京系異界幻想漫画、川底と呼ばれる不思議な町の物語

「 川底幻燈通信販売のご案内 」

現在発行中のすべての作品はA5判・表紙PP加工・オフセット印刷です。

likeanightfish

Like a Night Fish – 川底幻燈イメージアルバム

  2016/11/05    通販

あらすじ

「川底幻燈」をテーマにしたイメージアルバムが完成。
幻想的な異界の世界観を音楽で奏でます。
真島こころ、Azell、a_hisaの3名が作曲を手がけます。
原作を知っている方も知らない方も異界の音色をお楽しみください。

CD特設サイト(試聴あり)

通販はこちらから

Amazon
COMICZIN
kawa5syoei

川底幻燈[5]夜に淀むもの

  2016/05/09    通販

あらすじ

何者かに電話で呼び出されたほとりは、走馬燈の幻から姿を消した。
ほとりを探しに行った小三郎は、異界の車掌・醒井の協力を得つつ、
淀みが溜る場所を目指す。そこはほとりの通う学校のような場所だった。

一方ほとりは、そこにいるはずのない「ある人物」と再会する___

東京下町×異界ファンタジー エピソード2後編!

通販はこちらから

COMICZIN
hyo1syoei

川底幻燈[4]記憶光

  2015/08/31    通販

あらすじ

3話から一ヶ月後。
二学期が始まり、不登校だった遠藤が登校し始めて、クラスはざわつく。
ほとりは遠藤との関係が特別だったことを噛み締め、
風穴が空いたような喪失感を強く感じていた。
そんな妹を心配した兄・小三郎はある計画を立て、
川底の外れの大きな廃アパートにほとりを招待する。

記憶の光が過去を照らす時、夜は静かに忍び寄っていた。

東京下町×異界ファンタジー エピソード2前編!

通販はこちらから

COMICZIN
川底幻燈総集編

川底幻燈1~3巻総集編

  2015/06/14    通販

川底幻燈 1~3総集編

116P 2014/11/23発行

馳せる異界、迸る初期衝動。宵町めめの漫画同人処女作にして代表作をこの一冊に。

2012~2013年に刊行した異界幻想漫画『川底幻燈』1~3巻のまとめ本。今から読み始めるならこの本がお勧めです。総集編限定おまけ4コマ3P収録。

※本編内容は1~3巻と同様のものです。

通販はこちらから

COMIC ZIN
川底幻燈番外編

川底幻燈番外編 – 水槽は降下する

  2015/06/14    通販

あらすじ

24P 2013/12/30発行(絶版。現在は電子書籍のみの扱いです)

とある宅配便業者の男が体験した悪夢の小話。

こちらは小説本です。内容は本編よりもホラー寄り。本編にも関係するある裏話が分かりますが、読まないと本編に支障をきたす程の内容ではありません。巻末に初期設定資料的おまけもあり。

通販はこちらから

Booth
川底幻燈3巻

川底幻燈[3]この夜が明けるまで

  2015/06/14    通販

あらすじ

川底の幻燈市の夜は更けてゆく。
最後の警笛が鳴り、夜の人達を乗せた黒い列車が出発してもなお、
墨田川ほとりは空のはずのラムネ瓶を大事に抱え、独り幻燈の町を彷徨っていた。
俯くほとりの前に、彼女と同じ碧く輝く瞳の女、宇里子が現れる。
「聞きたいことがあるの、お姉ちゃん」ほとりは静かに口を開いた。

異界に生きる者の定め。異界に触れた者の運命。様々な想いを飲み込みながら、東向島の夜は明ける……

第三話「この夜が明けるまで」収録、東東京系異界幻想漫画、第一部完結編。

通販はこちらから

Amazon
川底幻燈2巻

川底幻燈[2] 幻燈市の夜

  2015/06/14    通販

あらすじ

魚が宙を泳ぐ不思議な夜の町「川底」で遠藤とスミダは再会する。
世界の裏側のような町で徐々に打ち解け、交流を深めていく二人。
流れていく静かで穏やかな時間。

異界を受け入れた遠藤の体は徐々に変化していた。
まろやかな闇の中で町は彼に呼びかける。
_幻燈市の夜が来るよ
_黒い列車が来るよ

そして訪れる幻燈市の夜。
少年はある思いを抱いていた。
少女もまた、ある思いを抱いていた。

不思議の町「川底」を巡る異界幻想漫画、待望の第二巻。

通販はこちらから

Amazon